はじめに

今回のテーマはゴールド投資です。高値から調整(下落のこと)したものの、2019年末からゴールド価格は急騰していることで個人投資家を中心に注目が集まっています。ゴールド価格の上昇はトレンドとなり得るのか、このタイミングから新たにゴールド投資を開始すべきなのか、過去の平均リターンを根拠に資産形成中の個人にとって優先度は低いと判断します。

そもそもゴールドにはなぜ価値があるのか

ゴールドにはなぜ価値があるのでしょうか?それは我々が価値があると思うから価値があるのです。太古の昔からその輝きに人々は魅了されてきました。さらにはその希少性も価値に影響しています。ゴールドは地球上にある絶対量が決まっており、その量は世界中でおよそ17万トンです。これは50Mプールおよそ3杯半くらいの量であり、かなり少ない量との印象を受けます。
また、その特性によって産業途で強い需要があります。特性とは高い導電性と酸化による腐食に対する強い耐性です。金メッキ加工したものは年月を経ても錆びないため、電子部品の電導体やコネクタの部品として広く利用されています。銀・銅の方が導電性は高いのですが、空気中で表面が化学反応を起こし導電性が低下するため、コネクタの材料としてゴールドが主に使用されます。産業向けとして確固とした価値があると言えます。しかしゴールドの全需要の中で産業用が占める比率はわずか10%程度(2017年実績)に過ぎず、大半は宝飾品で使用されます。
そうです、ゴールドは我々が価値があると思うから価値があるのです。

ゴールド投資は報われない

ゴールドに長期投資をしても報われません。米国の有名大学院、ペンシルベニア大ウォートンスクールの教授ジェレミー・シーゲル氏は、1802年から直近までの主要アセット(資産)のリターンを計算しています。筆者の手元には2016年までの検証結果があるのですが、公表されている1997年までの実績を紹介します。米国株(S&P500指数)、米国長期債、米国短期債、ゴールド、物価上昇(CPI)を比較しました。

Stocks For The Long Run ーThe Definitive Guide to Financial Market Returns and Long-Term Investment Strategiesー
https://www.riosmauricio.com/wp-content/uploads/2013/05/Siegel_Stocks-For-The-Long-Run.pdf
(P5、FIGURE 1-1参照)

足もと注目されるゴールド投資は残念ながら最下位です。なんと物価上昇に劣後しているのです。

【1802年に1ドル投資した場合の1997年時点の成果】

S&P500 7,470,000ドル
米国長期債 10,744ドル
米国短期債 3,679ドル
物価上昇(CPI) 13.37ドル
ゴールド 11.17ドル
1910年から1920年、1970年から1980年のように物価上昇を大幅に上回る成果を挙げる期間もあるのですが、長期で見るとお世辞にも良好なリターンとは言えません。ゴールドを資産形成のメインに据えるのはリスクが高いと言えます。

ゴールド投資の位置付け

ゴールドは他の資産と値動きが逆相関になる傾向を持っています。そのため分散投資の中の味付け的な存在として加えるとリターンが安定する効果があります。世界最大のヘッジファンド創設者であり、著名投資家であるレイ・ダリオは個人投資家の保有するポートフォリオとして次のオールシーズンズ・ポートフォリオを推奨しています。

オールシーズンズ・ポートフォリオ

その名の通りどんな季節(相場環境)でも安定したリターンを挙げることを目的としています。そのために特性の異なる5つのアセット(資産)を組み合わせており、ゴールドもその一つに加えられています。

【4つの季節】
インフレ 
デフレ 
景気拡大期
景気後退期

【オールシーズンズ・ポートフォリオ】
米国株 30.0%
米国債(超長期(20年以上)) 40.0%
米国債(7−10年債) 15.0%
ゴールド 7.5%
商品 7.5%

このように絶妙なバランスで組み合わせることで、あらゆる局面でいずれかのアセットが活躍し安定的にリターンを得られるようなっています。例えばリーマンショックがあった2008年は、S&P500指数がマイナス38.49%だったのに対して、オールシーズンズ戦略はマイナス3%台に留まっています。長期リターンは株式100%に軍配が上がるものの、2008年でもほとんどマイナスにならなかったのは個人投資家にとって魅力でしょう。

ゴールドへの投資比率は小さくて充分

オールシーズンズ戦略の安定性に貢献しているのはゴールドです。しかしその投資比率はわずか7.5%に過ぎず、メインの投資先ではありません。ゴールドを組み入れることによってリターンの安定性は増しますが、大きくし過ぎるとリターンの水準自体を下げる危険性が増します。投資資産の成長を重視する資産形成を開始したばかりの層にとってゴールドへの投資は極めて優先順位が低いと言えます。

【この記事の執筆者】

資産形成を日本の文化にすべく活動しているファイナンシャルプランナー。銀行、証券(投信投資顧問、ヘッジファンドのファンドマネージャー)、保険の金融3業態すべてに在籍した経験を持ち、資産形成についてのそれぞれのメリット・デメリットを把握している。